連続研修

英語トレーニングを、個別学習フォロー(通信講座)とモチベーションアップ(集合研修)で、
3ヶ月~1年間継続する研修です。忙しくてなかなか時間が取れない方や、
これまで何度チャレンジしてもダメだった方でも、終了時には学習習慣が確立し、手応えが感じられます。

研修内容

個別学習フォロー(通信講座)と、モチベーションアップ(集合研修)のダブル効果

通信講座+月1回セミナー 『学習エイドコース』

問題解決:  自己学習がなかなか定着しない社員の救済策に。
       自己学習による英語力アップの成功事例作りに。
対象レベル: 初級者~上級者 (TOEIC 700点位まで)
対象人数:  100名まで
研修時間:  月1回 2時間
研修期間:  3ヶ月・6ヶ月・9ヶ月・1年
研修費:   平日講師料 150,000円~200,000円(税別)×セミナー回数
       ※宿泊費・交通費別途
       ※教材費(1名15,800円~)別途

第1回セミナーでは、現在地から目標レベルまでの、4技能をバランス良くアップさせる効果的方法(トレーニング)を体験し、英語学習に前向きな気持ちになっていただきます。その後は月1回、進捗確認や教材を使ったトレーニングのレビュー、TOEICパート別の弱点強化法、英語素材(洋画・洋楽・洋書・英字新聞)の活用法などを学びながら学習習慣を定着させ、コース終了時の英語力ワンランクアップを目指します。

第1回セミナー(2時間)

講演会の内容で、英語トレーニングの効果を実感し、モチベーションをアップします。最初の3ヶ月の教材を配付し、使い方も確認します。

第2回セミナー以降 (月1回 2時間)

配付の教材を使い、弱点強化とモチベーションアップにつながるアクティビティを行います。通信講座の孤独感が解消され、やる気が充電されます。

教材

最初の3ヶ月間は、470点 / 600点 / 730点の目標レベルに分かれたTarget シリーズ、 4ヶ月目以降は、全目標レベル対応のEnglish Trainer 3ヶ月版・6ヶ月版・9ヶ月版となります。

研修結果

1000人以上の社員が、英語トレーニング習慣を確立できました。

期間中の平均英語トレーニング時間
期間中のTOEICスコアアップ

※8社、34コースのアンケート結果(1998-2001年、回答数1073名)

導入事例

●社内の成功事例作りとして

問題点
全社的に英語力強化を掲げているが、成功事例が少なく、ムードが高まらない。
改 善
連続研修を実施後、結果を社内報で発表 ⇒
触発され学習を始める社員が増加。

●重点部門の強化策として

問題点
急速に英語の必要性が高まる部門だが、英語力底上げのスピードが遅い。
改 善
部門全体で連続研修を実施 ⇒
自己学習+既存の研修で、成果を上げる社員が増加。

●幹部候補社員への研修として

問題点
部門長から昇格を推薦されているが、英語力で基準をクリアできない社員が多い。
改 善
対象者に連続研修を実施 ⇒
期間内クリア社員に刺激され、他の社員も学習継続。

講演会

英語力を伸ばすには、一定量の自己学習が不可欠。しかし、学習の必要性を感じても、「始められない」「続けられない」「結果が出ない」 という人も多いのが実情です。忙しい社会人が、自己学習で無理なく英語をモノにするためのノウハウが、体験を通して学べます。

「講演会」の詳細を見る

1日研修

講演会の内容に加えて、毎日の具体的な英語トレーニング方法を学ぶ研修です。「教材を使った平日の基本トレーニング」と「休日に楽しみながら行える、やさしい洋書、英字新聞、洋画、洋楽などの英語素材を使ったトレーニング」を演習し、研修後すぐに学習がスタートできる状態を作ります。

「1日研修」の詳細を見る

連続研修

英語トレーニングを、個別学習フォロー(通信講座)とモチベーションアップ(集合研修)で、3ケ月~1年間継続する研修です。忙しくてなかなか時間が取れない方や、これまで何度チャレンジしてもダメだった方でも、終了時には学習習慣が確立し、手応えが感じられます。

「連続研修」のお問い合わせ・お申込