学校向け研修

学校向け研修

講演内容

7つのステップで、英語嫌いもやる気になります。<学習の動機付け>

だまって聞いているだけの講演ではありません。講演は、経験豊富なベテラン講師が、参加者の反応をつかみながら、インタラクティブに進みます。TOEICや英語学習についてのデータ紹介、事例紹介はもちろん、基本的なトレーニングで、「聞こえた」・「できた」の体験をしていただきます。講演が進むにつれ、参加者の目が輝きだします。講演終了時には、英語学習に対するネガティブな気持ちが払拭され、自分の意志で英語と向き合えるようになります。

講演タイトル

『使える英語の効果的学習法』(TOEICを受験する大学生向け)

『誰にでもできる「効果的」英語基礎トレーニング』
(主にTOEIC Bridgeを受験する高校生向け)

標準時間90分
対象人数小グループから数百名まで(学年・レベルを問わず同時に受講可能)
研修料金

お問い合わせください。

研修料金・内容について問い合わせる

講演内容(抜粋)

  1. 現在地を知る :英語の実力を考える/情報のスピード処理/即応能力
  2. 目的と目標を明確にする :目的の確認/目標スコア/期限/まず100点アップ
  3. 学習戦略を立てる :発想を転換する/勉強よりトレーニング/音読/音読筆写
  4. 学習マインドを作る :責任転嫁を止める/自己責任/積極思考/自己激励
  5. 学習環境を作る :英語に触れる習慣/TV/洋画/英字新聞/パソコン
  6. 学習時間を作る :言い訳を止める/通勤時間・細切れ時間の活用/学習記録
  7. トレーニングを始める :英語回路を作る/即行動/集中/継続/舞台/順序

講演結果

英語に苦手意識の強い学生も、やる気になりました。

受講前の英語への気持ち(苦手意識71%)
受講後の英語への気持ち(やる気100%)
講演の役立ち度(役立ち度100%)
1日の自己学習の目標 (1時間以上52%)

※A大学・学生対象講演会アンケート結果(2003年、回答数190名)

導入事例

●新入生への学習の動機付けとして

問題点
学生の学習意欲が低く、授業への参加態度も無気力。
改 善
新入生を集めて講演会を実施 ⇒
授業への参加意欲が、昨年よりも改善。

●学生へのTOEIC受験の動機付けとして

問題点
TOEICスコアの単位認定、TOEIC受験の奨励をしているが、受験者が少ない。
改 善
講演会後に、TOEICを実施 ⇒
受験者の増加と、自己学習する学生の増加。

●TOEIC受験後の継続学習の動機付けとして

問題点
TOEICの強制受験を実施しているが、学生のモチベーションは高まらない。
改 善
TOEICスコアの返却後に講演会を実施 ⇒
自己学習に取り組む学生の増加。

●TOEICコース参加者への動機付けとして

問題点
学内でTOEICコースを実施しているが、あまり成果が出ていない。
改 善
コース開始時に講演会を実施 ⇒
コース+自己学習で、終了時スコアが上昇。

●就職説明会の一環として

問題点
TOEIC受験や準備方法を知らず、就職活動時にあわてる学生が多い。
改 善
就職説明会に先駆けて講演会を実施 ⇒
計画的に準備する学生が増加。