ほんまら2018 イベントレポート | 英語&スキルトレーニング BizCom

ほんまら2018 イベントレポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Reading Book
BizCom東京センターでは、洋書を読んだページ数を記録することで「読む」習慣を確立しながらリーディング力アップを目指すブック・マラソン「ほんまら」を開催しました。30日間で1,000ページ読破を目標にスタートし、7月21日のスタートセミナーから8月25日のゴールセミナーまで、26名の皆さんが完走!平均ページ数は1,324ページで、見事、目標を上回る結果となりました!

▼イベントの様子がわかる動画はコチラ
https://goo.gl/TYdgHt


◆7月21日(土)スタートセミナー◆

山縣講師による講義では、多読の効果や自分に合った本の選び方・読み方を確認。また、ほんまら経験者のお2人から、これまでの洋書リーディングの体験についてお話を伺いました。刺激を受けたご様子の参加者の皆さん。多くの方が、セミナー終了後、早速、ブッククラブで洋書を借りて帰られました。

honmara-seminar-1

◆8月25日(土)ゴールセミナー&交流会◆

ゴールセミナーでは、グループに分かれ、ほんまら期間中に読んだ中で最も印象に残った1冊について、お1人ずつスピーチ。また、ほんまらでの取り組みや成果を振り返った後は、今後、どのようなことを心がけて洋書リーディングを継続していきたいか、決意表明をしていただきました。

交流会では、成績優秀者の皆さんを表彰。最も多かった方は、30日間で2,926ページを読破されました!皆さん、30日間を共に走り切った仲間との交流を楽しんでいたご様子で、あっという間の2時間でした。ご参加の皆さん、お疲れ様でした!

honmara-seminar-2 honmara-party

◆完走した皆さんの声◆

・色々なジャンルの本を読めて楽しかった。
・知らない単語やフレーズが出てきても、読み進める感覚がつかめてきたと思います。
・洋書を毎日読むことが習慣となりました。継続します。
・長文がしんどくなくなりました。楽しく読めました。
・ノンフィクションの分野の本の面白さを知ることができて、とても勉強になりました。
・大変ではありましたが、テンポよく読めるようになった気がします。
・目標に掲げていた学習者向けフィクションを中心に多読を深めることができ、自信につながりました。

最新記事をSNSでフォロー(購読)できます。